豊崎愛生さんを応援するブログです♪ タイトル変えたりトラバ再開したり、心機一転なう☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初恋限定。第10話感想。
2009年06月14日 (日) | 編集 |
第10話「その思い出には満開の」

小宵ちゃん達は3年生になったみたいですね。


小宵ちゃんのセリフが、
「ライバルってどうして胸が大きいんだろう・・・」w

「大きくていいですね」

「大きくない・・・」


『胸』って作品の中でかなり重要な要素になってますよねw


第11話は「少年達の逃避行」



そして「初恋放課後トーク」
今回も愛生ちゃん登場!!
まさか楠田くんを取り合うとは。
愛生ちゃん曰く、人生に3度あるモテ期を使ってしまったとのことw
幼稚園くらいに1回あったはずってのはなんとなくわかる気がします(笑)
おもしろかったです(^^)

今回のテーマは「3人が恋のライバル」
愛生ちゃん「負ける気がする」
「ライバルはお互いを高めあっていける存在」。良い言葉ですね(^^)

今回も素敵でした!!
ドキドキ!w
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「初恋限定。-ハツコイリミテッド-」第1巻 [初回限定版] [DVD]クチコミを見る 三年に進級したあゆみ達。巨乳な演劇部長・不動宮すみれが、突如楠田を芝居の河童役にスカウト。すみれにデレデレな楠田の前では強がってみせたが、思わぬ強敵の出現に、慧は内心動揺しまく
2009/06/14(Sun) 23:24:51 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。